津市 バッテリー 三重県 津市 ティーズアート         (セントラル自動車)

画像

バッテリー

 トラブルが起こる前に交換

クルマにとって一番重要なメンテ部分は、、
ブレーキ、タイヤ、バッテリー。

バッテリーはダメになると当然、エンジン始動ができない。
いざという時に困らないためにも点検、定期交換が必要。

 電圧ではなく、容量。 blog

充電式バッテリーの良否判断は、容量。
劣化すると内部抵抗が大きくなり、
容量が小さくなってしまう。

使い切りの乾電池のような、
電圧を測定しての良否判断はできない。

見かけ上の電圧が十分あったとしても、
内部容量がスッカラカンだと、
エンジンを始動することができない。

 使用年数で定期交換。

アイドリングストップ機能や電装品など、
バッテリーへの負担はどんどん増加。
対応のためバッテリーも進化しているが、
やはり4-5年で交換時期が来る場合が多い。

新車装着品の場合はココ、
端子部に製造年・週が刻印されています
写真の場合、2013年22週の製造。

交換日が不明な場合は要注意。

 小さいサブバッテリー

車種によっては
サブバッテリーが装着されていることも。

当然、電圧では良否判断できないので
専用のバッテリーテスターによる
容量のチェックが必要。

メインバッテリーとの同時交換がおすすめ。

 正しい交換のポイント

バッテリー端子は円柱ではなくテーパー。
取り付け時はターミナルを少し広げて
深く刺さるようにすることが重要。

次に、ガス抜きホースを元通り付ける。
取付穴は反対側にも開いているので、
使用しない穴はしっかりフタをする。
蓋は通常、バッテリーに付属しています

そして交換日を記入。

 テスターにて交換登録

BMW・MINIなど、車種によっては
診断機にてバッテリーの交換登録が必要。

また、バッテリーの種類や容量も
登録されているので正しいものを取付ける。

大きい方が高性能だ、とか
小さい方が安いからといって
異なるバッテリーを付けるのはNG。

 高性能・超軽量の、、 blog

特別なクルマだけに搭載され始めた、
リチウムイオンバッテリー。
高性能なのはなんとなくわかるんだけど、

驚くのはその軽さ。
写真のBMW純正では13kgもの軽量化に。

しかし放電には注意。
駐車監視モード付ドラレコなどにより
電圧が下がると保護のため
内部のブレーカーが遮断することも。

輸入車のことならなんでもご相談ください

  ご来店はもちろん、お電話でもネットからでもお気軽に!

お電話でのお問合せは
059-213-6655で受け付けております。
「ホームページを見た」とお伝えください

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!