津市 ミニ R56 クーパーS エンジンオイルパンガード ティーズアート         (セントラル自動車)

サブページメイン画像

  • HOME
  • カスタム
  • ミニ R56 クーパーS エンジンオイルパンガード

ミニ R56 クーパーS エンジンオイルパンガード

 極低車高車の必需品

地面とのクリアランスがかなり小さそうなR56ミニさん。

各部チェックしていると、
エンジンオイルパンに傷があるのを発見。

 このままではまずい、最悪は走行中にオイルが全部抜けるおそれ

エンジンオイルパンの一部が、地面にヒットして削れています

車高が高いクルマなら、たまたま・・・であり
少し運転に気を付ければいいのだけど このクルマの場合は違う。

このままどんどん削れていくと最後は穴が開いてオイルが。。

 ステンレススチール板でエンジンオイルパンガードを製作

板材を曲げ、ドレンボルトホールを開ける。

そして、接着にて取付け。 これで安心して走行できます

そういえば昔のローバーミニでも、後付けでアルミのエンジンアンダーガードがありましたね。

 今回のクルマはマニュアルミッション車なので、これにて完成。

補器ベルト部分のアンダーカバーを装着すると、ボディ底面の位置関係がよくわかる。

やはりマフラーのジャバラ部分&パイプ部分も低いので地面にヒットしているが、
こちらはまだ急ぐ必要はないと思う。

ちなみに今回の車両はミッションがMTなので良いけど、
オートマの車両はATミッションオイルパンもエンジン同様に低いので注意、
同じようにガード取り付けが必要になります。

 こちらは以前に取り付けた別の車両、R56クーパーのAT車。

これがR56ミニ、オートマミッションの場合。

エンジン・ATミッションともにオイルパンガードを取付けて数か月走行後。
オートマミッションのオイルパンが、エンジン同様に低い位置にあるのが分かる。

そしてどちらのオイルパンも、車体中央に近い側が削れてきている。

また、マフラーのジャバラ部やパイプ部分に削れは無し。
これはなぜかというとNAエンジンのクーパーなので、ジャバラ・パイプともに刑が細いため。

輸入車のことならなんでもご相談ください

  ご来店はもちろん、お電話でもネットからでもお気軽に!

お電話でのお問合せは
059-213-6655で受け付けております。
「ホームページを見た」とお伝えください

>> お問合せフォームはこちら

カスタムの他のページ