津市 ミニ F56 JCW ダウンパイプ ティーズアート         (セントラル自動車)

ミニ F56 JCW ダウンパイプ

 ターボエンジンの排気チューン blog

ターボエンジンの、タービン直後にある
キャタを含む部分のパイプ。

高温・高圧の排気ガスが流れるこの部分は
抜けをよくするとタービンの回りがよくなり、、
パワーアップにつながる。

 簡単には交換できない奥地に存在

F56ミニは、横置きエンジンで後方排気。
なのでエンジンとボディの間にエキマニ・ターボチャージャー・ダウンパイプが。
これらの部品にアクセスするためにはいろいろなものを取り外す必要があります

 たどり着いた純正ダウンパイプ。

最後に遮熱板を外せば、見えてきた純正の触媒付きダウンパイプ。
取り外し後に下からのぞくと、大口径のタービンアウトレットが。

 社外ダウンパイプは、そのままでは取付けできず。

今回持ち込まれた社外ダウンパイプは、メーカー不明品。

ぱっと見くらべただけで分かる、
これ付かないんじゃ?? な部分が2点。

でも加工して付けるしかないので、、
というかこの手の無メーカー品はほぼ、加工前提での取り付けとなります

まず明らかに長すぎる出口側パイプ部分をカット。
そしてキャタ部の取付けステー、形状が全く違いネジ穴も2→1となるけれど、、
ここは工夫と調整で取り付けできそう。

しかしジャバラ部分は短く硬いので、純正のようにするりとしなやかに曲がって
車体とエンジンの間にINできない。

車両側遮熱板を加工しスペースを確保、これにてダウンパイプ本体が車両に付いた。

 あとは元に戻すだけ、とはいかない。

遮熱板は現物合わせで加工・加工。この作業は地味だけど意外と面倒。。

2つのO2センサーの取付け位置・向きが変わり
さらにキャタ後のセンサーには付属のL型アダプターも取付けるため、
アダプターの向き・配線の取りまわしなども検討しながら進める。

 排気効率UPでゴキゲンな走りに

加工が終わった遮熱板を取付けたら、あとは各部品を戻していくだけ。

排気漏れなども無いことを確認して完了。

輸入車のことならなんでもご相談ください

  ご来店はもちろん、お電話でもネットからでもお気軽に!

お電話でのお問合せは
059-213-6655で受け付けております。
「ホームページを見た」とお伝えください

>> お問合せフォームはこちら

カスタムの他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!