津市 ミニ F56 クーパーD デュアルホーン ティーズアート         (セントラル自動車)

サブページメイン画像

ミニ F56 クーパーD デュアルホーン

 なんだかホーンの音がさみしい。。 blog

輸入車のホーンって、だいたい高音と低音の2個が付いてて
ファー というか、良い感じに鳴りますよね。

しかしこのミニさんの場合、 ピー なのです。  

R50系・R56系のミニでは今まで無かった状況。
2個のうち1個が壊れているのか、それとも??

 純正ホーンの装着位置は、ヘッドライトの下あたりに。

まず ピー の原因を調査。
ホーン音をたどっていくと、左ヘッドライトの下付近から聞こえる。

左前のフェンダーライニングを外していくと、あったあった1個付いているのが確認できる。

ではもう1個は、、反対側の右ヘッドライト下付近に付いているのか?

 右側には無し、やはりホーンは1個しか付いていない様子。

右側ヘッドライト下まわりを確認するも、もう1個のホーンは付いていない。。

パーツカタログのイラストを調べて確認すると、、
ひとつのステーにホーンが2個、取り付けられています。
そしてその場所は左ヘッドライト下付近のみっぽい。

つまりこの現車の場合、、フォグランプの奥に1個見えるだけで
もう1個は装着されていない、故障ではなく元々この音だったということ。。

F56ミニの中にはこういう車両があるということです。

 純正のステーを利用してデュアルホーン化。

付いてる純正ホーンとステーを外すとこんな感じ。
ステー自体はイラストと同じ形状なので、もう1個のホーンが取り付け可能。

純正部品のもう一方のホーンを取り寄せて装着も可能だけど、
2個セット品の社外品の方が間違いないですね。選べるし。

というわけでばっちり良い感じの音が出るようになりました。

輸入車のことならなんでもご相談ください

  ご来店はもちろん、お電話でもネットからでもお気軽に!

お電話でのお問合せは
059-213-6655で受け付けております。
「ホームページを見た」とお伝えください

>> お問合せフォームはこちら

カスタムの他のページ