津市 BMW F86 X6M アクラポヴィッチマフラー ティーズアート         (セントラル自動車)

サブページメイン画像

BMW F86 X6M アクラポヴィッチマフラー

 間違いないアクラポエギゾースト、ですが…

V8ツインターボのMパワー、X6Mさん

今回は、中古部品持ち込みにてマフラー交換。
アクラポビッチのマフラーを取付けます

 基本的には純正同様のレイアウト

まずは純正マフラーを外します。
キャタ後のフロントパイプからリアエンドまで一体。さすがにデカい純正マフラーです。

元々、電動モーターにて開閉するシステムのバルブが付いている。

そして今回取付けるアクラポも、同様のシステムで純正のモーターを再使用します。。

 純正のバルブ開閉モーターを移植、ここで問題発覚。

そのバルブシステム用の純正モーターを取付けるのですが、、


マフラーに限らず、、中古パーツは
なに があるか分からないので、各部の動作確認をしながら組み込んでいく。

今回は、右側のバルブシステム(スロットルのバタフライのようなもの)が
完全に固着してしまっていました。。

潤滑剤をスプレーして力をかけても動かず、熱を加えても動かず。。
かなり頑固に固着していて苦戦。
結果、なかなか苦労したけどなんとか動くように。

このマフラー、4本テール中の外側がサイレンサーを通る通常ルートで 
内側がバルブ付きの解放ルート。

パイプの色を観察すると、、外側パイプがかなり濃い色に焼けているのに対し、
内側パイプはほとんど焼けていなさそうな色になってる。

たぶん、Mモードに入れたり全開加速とかをせずに、ずっとおとなしく乗り続けるとこうなるのでは?

バルブはほぼ閉じたままでの走行で、排気のカーボンがバルブのシャフトに詰まって固着したんだと思う。

 無事に装着完了

そのほかは特に問題・欠品などもなくすんなりと取り付け完了。

もちろんモーターによるバルブの動作もOK。

 ちなみに装着時点でのパイプ焼け色具合は、、

やはり、焼けて青色っぽくなっている部分はキャタ直後、フロントパイプの一番前部分だけ。

今まで全然熱の入らない乗り方をしていたマフラーなんだろうと思われます

輸入車のことならなんでもご相談ください

  ご来店はもちろん、お電話でもネットからでもお気軽に!

お電話でのお問合せは
059-213-6655で受け付けております。
「ホームページを見た」とお伝えください

>> お問合せフォームはこちら

カスタムの他のページ