津市 ミニ R53 クーパーS 冷却水漏れ 修理 三重県 津市 ティーズアート         (セントラル自動車)

サブページメイン画像

ミニ R53 クーパーS 冷却水漏れ 修理

 各部メンテと同時にチューニング blog

R53ミニクーパーSさん

定期チェックでウォーターポンプからの
冷却水漏れを発見。

修理と同時に、以前から予定していた
エンジンチューニングも行うことに。

 R53のウォーターポンプ取り付け位置は、、とても見えにくい部分

このR53ミニ、一般的なベルト駆動ウォーターポンプと違って特殊な場所に設置されている。
どんどんフロントまわりを分解していきます。
R53ミニのウォーターポンプ取り付け位置はなかなかの奥地、
スーパーチャージャーの後部に取付けられています

 見えてきたポンプ、そして多数の交換部品・チューニングパーツ

点検時にウォーターポンプからの冷却水漏れが確認できたのは、、

車両の真下から見上げて、スキマの奥にちらっと見えるポンプ本体に付着した冷却水。
こうやって前まわりを分解していくと、エンジンブロックを流れた漏れ跡がはっきりと確認できる。
特にこのエンジンは鉄ブロックなのでエンジン本体が黒っぽく、色的に分かりやすい。

そして今回同時作業だったパーツたち。

吸気&排気はすでに交換済み、エンジンをパワーアップしたいということで
27モータースポーツのスーパーチャージャー小径プーリー&コンピューターチューニングなど。
小径プーリーに交換することでスーパーチャージャーの回転速度を上げ、ブーストアップ。

そしてエンジンECUを、チューニング度合いに見合ったデータに書き換えてパワーを引き出します。

 スーパーチャージャー同軸で駆動されるウォーターポンプ。

この変わった駆動方法のウォーターポンプ。

クランクシャフトからのベルト駆動でスーパーチャージャーが回転し、
その後端にある出力シャフトによりウオポンが回る。

またパワーアップのためスーパーチャージャープーリーをより小径に、
そしてクランクプーリーもより大径の社外部品がリリースされていますが
これらによって同時にウォーターポンプの回転数も上がるようになる。
外したウォーターポンプ、そして新品を取り付け。
ウォーターポンプのココから漏れていたことが分かります

 ウオポンを分解してみると。

輸入車のことならなんでもご相談ください

  ご来店はもちろん、お電話でもネットからでもお気軽に!

お電話でのお問合せは
059-213-6655で受け付けております。
「ホームページを見た」とお伝えください

>> お問合せフォームはこちら

修理・車検の他のページ