津市 ミニ R52 クーパーS エンジンオイル漏れ 三重県 津市 ティーズアート         (セントラル自動車)

ミニ R52 クーパーS エンジンオイル漏れ 修理

 R50系コンバーチブルモデル。

初代ニューミニ。 BMW MINI。

NAエンジンのハッチバックはR50。
スーパーチャージャー付きのハッチバックはR53。
R52は、コンバチボディ。エンジンはどちらもある。

R52はエンジンルームの左右に補強バーが純正で付いています

 いろんな場所からオイルが漏れている様子。

今回漏れが多いのはやはりエンジンオイルだけど、エンジンの1箇所からだけではなさそう。
またATミッションオイルもにじんでいそうな感じ、
他にはR50系独特のEHPS、電動ポンプ式の油圧パワステシステムもよく漏れる部分。

 油圧のかかるオイルフィルターケース

ここは油圧のかかる部分なので、漏れが始まると大量にオイルが出てくることも。

ケース取付け部のガスケット劣化でのオイル漏れ、
オイルプレッシャースイッチ本体劣化でのオイル漏れなど。


ちなみに通常のハッチバックモデル、
R53クーパーSだと水冷式オイルクーラーが取り付けられている部分だが、
このR52コンバチクーパーSには装着されていない。

F系の時代になっても、ハッチバックモデルとコンバチモデルとでは
ボディ補強だけでなくエンジン補器各部に違いがあったりします

 エンジンフロントカバー&エンジンオイルパン。

この2点は同じようなところからオイルがにじみ出てきたりするので、
どちらからか判断しにくかったりするが、今回はその両方からエンジンオイル漏れが。

しかしオイルパンの方は外してみると、、

 液体ガスケットがコテコテに。。

R50系エンジンのオイルパンの場合、
板状のオイルパンガスケットが存在するタイプなので、液体ガスケットは使用しません。

このように液体ガスケットが塗りたくってある場合、、
おそらく以前に板状ガスケットを交換せずに再使用したまま
ごまかしでオイル漏れ対策をしたんじゃないかと思われる。

そして今回はこの、オイルパンに張り付いた液体ガスケットを
すべて剥がしてきれいにする という余計な作業に時間と手間がかかる。。

輸入車のことならなんでもご相談ください

  ご来店はもちろん、お電話でもネットからでもお気軽に!

お電話でのお問合せは
059-213-6655で受け付けております。
「ホームページを見た」とお伝えください

>> お問合せフォームはこちら

修理・車検の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!