津市 ベンツ W140 S600 AMG リア足まわり 三重県 津市 ティーズアート         (セントラル自動車)

画像

ベンツ W140 S600 AMG リア足まわり

 AMG フルサイズのメルセデス

フラッグシップモデルのSクラスW140、
V12エンジン搭載のS600のAMGモデル。

今回はリア足まわりの重要ポイントの整備。

 大きなNA12気筒エンジン

迫力のV12エンジン搭載、エンブレムだけでなく細かい部分をよく見ると
ヘッドライト横の吸気ダクトなど、AMG専用パーツと思われる物が組み込まれていたりします。

 リアサスの重要ポイント

今回はリアサスペンションのピロボールジョイントに問題を発見、部品を交換。
このあたりの年代のメルセデスはココのボールジョイントが傷みやすい。
このようにダストブーツが破れてグリスが抜け、ガタが出てきます

 ゴムブッシュではなくボールジョイント。

このボールジョイントが使われている部分は、リアのマルチリンクサスの
たくさんあるアームの中でスプリングを受け、ショックアブソーバーも取り付けられるロアアーム。
一番荷重を受けるアームのアップライト側になります。

専用のSSTを使って交換。

ボールジョイントのメリットは良く動く、しっかりしていること。
しかし少しでもガタが出始めたら要交換となる。
また今回のようにダストブーツがボロボロに破れてしまっている状態だと、
内部のグリスは完全に抜けきり摩耗がどんどん進んでしまう。

輸入車のことならなんでもご相談ください

  ご来店はもちろん、お電話でもネットからでもお気軽に!

お電話でのお問合せは
059-213-6655で受け付けております。
「ホームページを見た」とお伝えください

>> お問合せフォームはこちら

修理・車検の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!