津市 ベンツ W219 CLS350 エアサス故障 修理 三重県 津市 ティーズアート         (セントラル自動車)

画像

ベンツ W219 CLS350 エアサス故障 修理

 車高が下がるわけではないが、警告点灯 blog

前後エアーサスペンション車のW219 CLSさん。
エアサス故障の定番といえばやはりエア抜けによる車高の低下、
ペッチャンコになってしまい走行できないパターン。 
しかし今回は様子が違う。

 高圧エアーを供給するコンプレッサーが回らない

状況としてはまずコンプレッサーが回らない。
関係する各ヒューズをチェックすると、切れていました。

 フロントバンパー内にエアーコンプレッサー&バルブブロック。

ヒューズを新しいものに交換してテストしても、
コンプレッサーのモーターは回らず電気が流れた瞬間にすぐヒューズが切れる。

これによりコンプレッサー内部のショートが原因と思われる。

 分解したら、、焦げ臭いにおいと激しい損傷

外したコンプレッサー。
直接バッテリーをつないでも、バチッとなるだけで全く回らず。

これは結構ひどいなと思いながら分解していくと、、すごい焦げ臭さとともに、
どこが原因でこうなったのか分からないほど焼け焦げた状態が見えてきました

輸入車のことならなんでもご相談ください

  ご来店はもちろん、お電話でもネットからでもお気軽に!

お電話でのお問合せは
059-213-6655で受け付けております。
「ホームページを見た」とお伝えください

>> お問合せフォームはこちら

修理・車検の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!