津市 BMW F10 523i 雨漏り 修理 三重県 津市 ティーズアート         (セントラル自動車)

サブページメイン画像

BMW F10 523i 雨漏り 修理

 F10系のウィークポイント

BMWの5シリーズ、F10セダンさん。

大雨の後、助手席の足元がベタベタ・・・
雨水が車内に入ってきているようですが、、

どこから??

 左側フロアカーペットが濡れている

助手席シートを外したところ。
シート下にはウーファーが埋め込んであります。

そしてシート下のフロアカーペットをめくってみると
やはり水分がたまっています。。

こうなったら、まずとにかく乾かす。

ちなみにシルバーの物体は、パワステ系のコントロールユニット。
今回はまだ警告も出ておらず、水分による被害はなさそうで一安心。

 水分の入り口を調べていくと、、たくさん水が入って来る場所が。

そして、雨が入ってくる部分を特定するためにシャワーテストを行います。

すると、、
前方、バルクヘッド上部の方から思いっきり水が入って来る! 

かなりひどい状態。これはダメだ。

 謎の黄色いフタが原因であることが判明

そしてココが水の入り口になっていた部分。 この水位まで水が溜まっていたというのが分かりやすい

エンジンルーム側から見ても何も見えず、
このあたりかな?と 各カバー類を外していき、鏡を使ったらこの黄色いフタが見える。

多分、後期エンジンの直4ターボだとクリアランスが大きくて見やすいんだろうけど
今回の車両は直6エンジン。なかなか直接見えません

外した各カバー類とこの部分とのスペースにゴミと雨水が入り込んで水がたまる状態になり、
劣化した黄色いフタの隙間から車内に入っていくよう。

そして実はこの黄色いフタ、
左ハンドル車の場合にステアリングシャフトが通る穴を塞いでいるのだそうで。。

 対策をしっかりと

黄色いフタを新品に交換し、フタの周辺はしっかりと掃除。

しかしこれだけではダメ。
まずあのフタの前の部分に雨がたまること自体がNGなので、
黄色いフタの前のカバーに水抜き穴を追加して排水性を向上、

そして本来のドレン排水ポイントをクリーニング。


やはりたくさんのゴミが詰まっていました。。


その詰まりのせいで水がどんどんたまって水位が上がり、
黄色いフタの部屋に流れ込んでいったようです。

輸入車のことならなんでもご相談ください

  ご来店はもちろん、お電話でもネットからでもお気軽に!

お電話でのお問合せは
059-213-6655で受け付けております。
「ホームページを見た」とお伝えください

>> お問合せフォームはこちら

修理・車検の他のページ