津市 ベンツ W211 E320CDI オイル漏れ 修理 三重県 津市 ティーズアート         (セントラル自動車)

サブページメイン画像

ベンツ W211 E320CDI オイル漏れ 修理

 V6ディーゼルエンジンのオイル漏れ

W211Eクラスのディーゼルエンジン車。

エンジン後方付近から、
真っ黒なオイルが大量に漏れていました。

 エンジン上にいろいろな部品が設置されている

V6のインバンクシングルターボエンジン。

最近のインバンクターボは内側排気ですぐターボチャージャーという配置なんだけど
このエンジンの場合は外側排気という珍しいレイアウト。

そのため、Vバンク間はかなり忙しいことになっている。
後方にはターボチャージャーがひとつ、中央付近にはディーゼルの燃料フィルター。

 インバンク配置のターボチャージャー

まず、Vバンク間の上にあるものを外していきます。

最後方にあるターボチャージャーは排気ガスで高温になる部品。
エンジン外側にある左右エキマニから、各バンクのエキパイがエンジン後部をのぼっていきタービンへ。
そしてタービンアウトレットの排気は再びエンジン下方へ降りていきます

 Vバンク間のインテークマニホールド。

そして各部品を外した下にあるインテークマニホールドを摘出。

このインマニは1気筒あたりに丸ポートと四角ポートがあり、
よく見ると丸ポートの中にバタフライが入っています

 そして最奥の谷底に設置される、水冷式エンジンオイルクーラー。。

インマニを外してやっとたどり着いた、オイル漏れポイント。

Vバンク間に水冷式オイルクーラー(ヒートエクスチェンジャー)が
直接取り付けられており、そこから大量にオイル漏れ。

エンジンオイルの入り口&出口、冷却水の入り口&出口の計4個の通路が見えます

しかし~なんでこんな位置にコレを付けちゃった、、な感じ。

ベンツさん、他のV6・V8ガソリンエンジンでの水冷オイルクーラーは、
エンジンオイルフィルターケース部に重ねられる、一般的な取り付け位置。
その場所だったらこんなに分解する必要はないんですよね。。

そしてココで漏れたオイルは、エンジン後方へと流れていくのでした

輸入車のことならなんでもご相談ください

  ご来店はもちろん、お電話でもネットからでもお気軽に!

お電話でのお問合せは
059-213-6655で受け付けております。
「ホームページを見た」とお伝えください

>> お問合せフォームはこちら

修理・車検の他のページ