津市 ベンツ W246 B180 サーモスタット 修理 三重県 津市 ティーズアート         (セントラル自動車)

画像

ベンツ W246 B180 サーモスタット 修理

 エンジンチェックランプが点灯

走行中にエンジンチェックランプが点灯、
しかし走っていて特に不調は感じない。。

この FF横置き直4ターボエンジン、
定番トラブルの冷却水サーモスタット故障。

 冷却水温度が低いまま

サーモスタット故障って、3パターンあります。
1. 冷却水が漏れる。
2. 弁が開かなくなってオーバーヒート。
3. 弁が閉じきれなくなってオーバークール。

今回は閉じきれないため冷却水が循環しっぱなしになり、
オーバークール。 

暖気して走行しても水温が適正値まで上がらない。
どれにしろ、最低限サーモスタットの交換が必要なんだけど、
エンジンチェックランプ点灯で故障を教えてくれるのはありがたい。

 インマニの下に隠れて

しかしこのエンジンの場合なかなか交換が面倒。。

インテークマニホールドを外すと、やっとサーモ本体が見えてくるのだけど。。

 ホースがたくさん刺さっています

直接正面から見ながら作業するスペースは無いので、
鏡を駆使しながらたくさんのホースを外して交換。


エンジンチェックランプが消灯するのはもちろんだけど、
オーバークール症状だったので、、
冬場の場合はヒーターの効き具合も正常になります。

輸入車のことならなんでもご相談ください

  ご来店はもちろん、お電話でもネットからでもお気軽に!

お電話でのお問合せは
059-213-6655で受け付けております。
「ホームページを見た」とお伝えください

>> お問合せフォームはこちら

修理・車検の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!