津市 ミニ R52 クーパー 冷却水漏れ 修理 三重県 津市 ティーズアート         (セントラル自動車)

サブページメイン画像

ミニ R52 クーパー 冷却水漏れ 修理

 水漏れの修理なのですが、、

R52ミニコンバーチブルさん

バリっと足まわりを決めて、ホイールも変更。

しかし避けて通れないのはメンテ&修理。
今回は冷却水漏れが見つかりました

 ウォーターポンプから冷却水漏れ。

R50系ミニのウォーターポンプは、2種類。

今回のようなNAエンジン車(ワン・クーパー)の場合は、
一般的なベルト駆動による、ウォーターポンプ単独マウント。

対してクーパーSモデルのクルマは、ベルト駆動のスーパーチャージャーに取り付けられ、
スーパーチャージャー軸から駆動をもらうというシステム。

 クランクプーリーが劣化しているのも発見。

まずはファンベルトを取り外すところからなのですが、
ここでクランクプーリーのゴム部分が劣化、飛び出してきているのを発見。

そしてウォーターポンプのプーリーも、なぜか数か所割れ、欠けていました

 新旧クランクプーリーとウォーターポンプ。

クランクプーリーは別名、バイブレーションダンパー。

単なる金属プーリーではなく、中心側と外周側の間にゴムがサンドイッチされています
電気モーターとちがいレシプロエンジンは回転にむらが出るので、
その回転むらによる振動を吸収するのがこの部分。

エンジンレスポンスのアップを求めて社外の軽量クランクプーリーをチョイスすると
この回転むらや振動はそのままベルト・各補器類へを伝わるということ。

またクランクプーリーの外周部にあけられているディンプルは、回転バランスをとるためのもの。
ホイールに付いてるバランスウェイトと同様の意味、元々付いていた方はたくさん穴が開いていました。


 R50ミニのエンジンは、スチールブロック。 冷却水の管理も重要。

NAエンジンのクーパーの場合、オルタネーターを外した下にウォーターポンプが。

またエンジンは鉄ブロックなので、冷却水が劣化しているとエンジン内にサビ汚れが出やすい。
アルミブロックのエンジンよりもこまめな冷却水の交換がおすすめです。

新品部品を組み込み完了の図。
樹脂のプーリーに割れがあったウォーターポンプ、新しい物は金属製のプーリーになっていました。

輸入車のことならなんでもご相談ください

  ご来店はもちろん、お電話でもネットからでもお気軽に!

お電話でのお問合せは
059-213-6655で受け付けております。
「ホームページを見た」とお伝えください

>> お問合せフォームはこちら

修理・車検の他のページ