津市 ベンツ W202 C280 オイル漏れ 修理 三重県 津市 ティーズアート         (セントラル自動車)

サブページメイン画像

ベンツ W202 C280 オイル漏れ 修理

 SOHC V6エンジンの定番修理

W202のCクラス、V6エンジン搭載車さん

この時代のベンツV6・V8エンジン、
M112・M113は定番のオイル漏れポイントが。

今回はその中で一番高い位置にある
ヘッドカバーからのオイル漏れ。

 左右ヘッドカバーの上に同時点火イグニッションコイル

90年代後半からのメルセデスV型エンジンは、
シングルカムでツインプラグというのが大きな特徴。

シングルカムなのでヘッドカバー自体は幅方向がコンパクトだけど
片側3個のコイルがヘッドカバー上に付き、各2本ずつプラグコードが伸びる。

つまりV6なら12本、V8なら16本といったプラグコードの数が使用されている

 ブローバイ室が脱着式のヘッドカバー

よくオイル漏れが起こるヘッドカバー。

金属製の2段構造、独特の形状になっています。

 エンジン内部はきれいそう

ヘッドカバー内側には汚れが付いていましたが、
エンジン側、ロッカーアームなどはなかなかきれいな状態を維持していますね
オイル管理は良さそう。

そして外したヘッドカバーは洗浄。こちらもかなりキレイになった

 Mg合金のヘッドカバーは腐食する

問題はこのヘッドカバーの材質。

この時代のエンジン、ヘッドカバーが軽量化のために普通のアルミニウム素材ではなく、
マグネシウム合金で作られている。

そのため、、、各部に腐食が起こってくるんですよね。
最悪は穴が開く、またガスケット接触面が荒れてオイル漏れの原因に。

輸入車のことならなんでもご相談ください

  ご来店はもちろん、お電話でもネットからでもお気軽に!

お電話でのお問合せは
059-213-6655で受け付けております。
「ホームページを見た」とお伝えください

>> お問合せフォームはこちら

修理・車検の他のページ