津市 ベンツ W201 190E パワーウィンドウ 修理 三重県 ティーズアート         (セントラル自動車)

画像

ベンツ W201 190E パワーウィンドウ 修理

 ワイヤー式ウィンドウギュレター。

手巻き式の手動ウィンドウレギュレターと違い、
電動モーター式のパワーウィンドウだと
どうしても閉じ終わり・開け終わりなどに
無理な力がかかってしまう場面があるので
その分、、壊れやすくはありますね

 ドア内張を外すと。。

ドア内張を外したところには、
どうしても雨水の入るドア内から、室内への水分の侵入を防ぐための
防水ドアインシュレーターが貼ってあるんですが。。
今までの数十年の間に何度も剥がして貼ってを繰り返してきたのか、
かなりくたびれた状態。

で窓が動かない原因は、ワイヤー式のレギュレター破損でした。
この車両の場合はモーター付きレギュレター丸ごとの部品交換となりました。

 接着面をきれいに

ドアパネル内側にはコテコテになった接着剤などがたくさんだったので、
重要な部分は除去してきれいに。

 防水ドアインシュレーター

ボロボロだったドアインシュレーターは、純正部品がすぐ手に入らないので作る。
そしてブチルテープにて接着取付けしました。 これで雨の日も安心。

 まだ続く追加作業。

これで終わりではなく、最初に外したドアの内張り本体もできるだけ修復。

内張の革の接着がはがれてびろびろになっており、
またクリップの破損やフックの接着剥がれなども。

さすがに数十年経過しているクルマは、こういったいろいろな追加作業が積み重なってくる。

輸入車のことならなんでもご相談ください

  ご来店はもちろん、お電話でもネットからでもお気軽に!

お電話でのお問合せは
059-213-6655で受け付けております。
「ホームページを見た」とお伝えください

>> お問合せフォームはこちら

修理・車検の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!