津市 ベンツ W176 A180 スパークプラグ交換 三重県 津市 ティーズアート         (セントラル自動車)

サブページメイン画像

ベンツ W176 A180 スパークプラグ交換

 長寿命タイプでも定期交換を

ベンツAクラスさん。
4気筒のターボエンジン搭載車。

走行距離は10万キロオーバー。
まだまだ元気に走りたいですね。
距離が伸びてきたので、スパークプラグを交換。

 直4エンジンの中では、交換に手間がかかるほう

このエンジンの場合、イグニッションコイルを取り外すために吸気ダクトなどの取り外しが必要。
樹脂やゴムの部品は熱と経年で劣化している可能性があるため、少し気をつかう。

そしてスパークプラグ自体も、狭いプラグホールへ斜めにささっているためちょっと厄介。

 長寿命タイプのスパークプラグは、電極のまわりが摩耗し痩せていく

長寿命タイプのスパークプラグが標準装着の場合、
比較的、消耗や点火系トラブルの少ないメルセデスベンツ。 

このベンツエンジンも、外したスパークプラグの電極消耗は少ない。
電極に取り付けられたチップはまだまだしっかりしている様子。

しかしやはり、接地電極側の「チップを支える足」の消耗は避けられない。
黒くなっている部分は全体的に角が落ち、消耗が進んでいます。
つまり、このままずーっと使い続けたら「チップを支える足」の消耗が進み、
最終的に「チップがピストンに落ちる」恐れも。


逆に点火系トラブルが多いのはBMWやVW。
長寿命タイプでも電極の消耗が進みやすく、点火ギャップが広がる。
広くなったギャップにより要求電圧が上がっていき最終的にイグニッションコイルが破損。
よりこまめにスパークプラグ点検・交換することが重要となる。

スパークプラグ1 スパークプラグ2

輸入車のことならなんでもご相談ください

  ご来店はもちろん、お電話でもネットからでもお気軽に!

お電話でのお問合せは
059-213-6655で受け付けております。
「ホームページを見た」とお伝えください

>> お問合せフォームはこちら

お電話
お問合せ
お見積り