津市 ランボルギーニ アヴェンタドール マフラーバルブ ティーズアート         (セントラル自動車)

サブページメイン画像

  • HOME
  • カスタム
  • ランボルギーニ アヴェンタドール マフラーバルブ

ランボルギーニ アヴェンタドール マフラーバルブ

 純正排気バイパスバルブをコントロール

アヴェンタドール SV LP750 さん
さすがスーパーカー。
純正マフラーの時点で迫力のサウンドです

しかしアイドリング~低回転低開度域では
マフラーに組み込まれているバイパスバルブが
閉じているので、かなり抑え込まれた音量に。

 センターロックの超ワイドホイール、ブレーキはカーボンディスク

純正マフラーの排気バイパスバルブをコントロールできるようにするため、まずリアホイールを外す。 
この車両はセンターロックホイール採用なので、専用の工具が必要になります。

ブレーキローターはカーボン。黒く小さいブレーキキャリパーは、サイドブレーキ用。

 純正のバルブシステムに、追加でソレノイドバルブとリモコンユニットを取付け

フェンダーライニングを取り外し、排気バイパスバルブをコントロールするための各部品を取り付け。

電源を配線してリモコンユニット&追加ソレノイドバルブを取り付け。
これで排気バイパスバルブを積極的にコントロール、強制オープンにすることが可能。

アヴェンタドールのサスペンションは前後ともダブルウィッシュボーンのプッシュロッド式。
まさにレーシングカーと言える足まわりとなっています。

 ランボルギーニV12NAエンジンのサウンドを開放

スーパーカーの世界でもターボ化・電動化が進んできている中、、
希少となってきている大排気量のNAエンジン。

排気バイパスバルブを積極的にコントロールできるようになったので、
専用のリモコンを操作するだけでアイドリングからバルブオープンのサウンドが楽しめます。

輸入車のことならなんでもご相談ください

  ご来店はもちろん、お電話でもネットからでもお気軽に!

お電話でのお問合せは
059-213-6655で受け付けております。
「ホームページを見た」とお伝えください

>> お問合せフォームはこちら

カスタムの他のページ