津市 BMW F13 M6 KWハイトアジャスタブルスプリング ティーズアート         (セントラル自動車)

サブページメイン画像

BMW F13 M6 KWハイトアジャスタブルスプリング

 純正EDC機能を生かして車高調化 blog

BMWのフルサイズクーペ、6シリーズのMモデルさん

今回取付けるのは
車高調整を可能にするKWのHAS。
設定される車種は限られており、
まず純正ダンパーのスプリングロアシートが
取り外せる車両でないと不可。

 アルミケースのショックアブソーバーに減衰力調整機能

モデルによるがBMWは以前からサスアームのみでなく、ショックアブソーバーにもアルミ素材を使用。

スプリングロアシートを取り外すことができ、また電子制御の減衰力調整機能付き。
ストラットドーム上部には配線が付いているのが見える。

そして、、KWハイトアジャスタブルスプリングの設定があるのです。

 KW HEIGHT ADJUSTABLE SPRING & ワンオフSST

組付け作業としては、単なるローダウンスプリングの作業に加えて
スプリングロアシートの交換が必要になる。そして車高調整。

このショックアブソーバーの場合、減衰力調整用の配線がインナーロッドのトップから出ており、
通常のソケットではインナーロッドのトップナットをゆるめることができない。

なので配線をよけられるよう専用のソケットを作って対応。
たぶん他の車種で使うことはないであろう工具。。

 配線を痛めることなく無事に組み込み完了

配線を痛めないよう慎重にナットを取り外し、ストラットを分解。

スプリングロアシートとスプリングをKWの調整式に交換したら後は組み込み。
ロアシートはスタビリンクのブラケットと一体になっていました

このモデルでは、純正アッパーシート再使用・ヘルパースプリング無し。

 車高を調整し、ほどよくローダウンした F13 M6

今回のM6、車高ダウン量はフロント約30、リア約25。

純正車高からの第一歩は、
「何ミリ落としたいか・落ちたか」ではなく
「フェンダークリアランスをどのくらいにしたいか・どのくらいになったか」が重要。
そこからあとの微調整で +5mm や -5mm など、数字が重要になってくる。

また純正ホイールのまま車高を落としすぎるのも違和感の元なのでバランス良く。

輸入車のことならなんでもご相談ください

  ご来店はもちろん、お電話でもネットからでもお気軽に!

お電話でのお問合せは
059-213-6655で受け付けております。
「ホームページを見た」とお伝えください

>> お問合せフォームはこちら

カスタムの他のページ