津市 ミニ R50 クーパー KONI FSDサス ティーズアート         (セントラル自動車)

サブページメイン画像

ミニ R50 クーパー KONI FSDサス

 ノーマル車高のままリフレッシュ blog

フルノーマルで乗られている
R50ミニのクーパーさん。

走行距離と年数の積み重ねで劣化してくる足まわり。
ローダウンは考えていないけど、リフレッシュ時に
社外品をチョイスして乗り味の変化を楽しむ。

 KONI FSD ショックアブソーバーと、アッパーマウント・バンプラバー。

今回はショックアブソーバーと、組み合わされる各部品類をリフレッシュ。

各部品は事前に用意しておいたので作業もスムーズに。 そしてやはり新品は気持ち良い

 フロント・リア、それぞれの荷重を受けるアッパーマウントは劣化

フロントのアッパーマウントはボンネットを開ければ上部が見える。
劣化が進んで、大きなひび割れができているのが確認できます
こうやって傷んでいる状態が見やすいのは、判断がしやすくて良い。

リアは取り外してみると大きく潰れてしまっているのが分かる。
こちらはひどくなると、ボロボロに崩れ落ちている場合があるので要注意。

 乗り心地・乗り味UP

フロントも組み換え。今回、車高は変えないので純正スプリングはそのまま使用。

今回は純正スプリング+FSDでのリフレッシュなので、新車時以上の乗り心地が期待できる。
当然、ロアアームやスタビなどの状態が良いことが必要だけど。

また白い部分はバンプラバー。バンプラバーは車種によっては非常に重要で、
劣化が進んでグズグズになったものを交換すると、それだけで乗り心地が復活する場合も。

輸入車のことならなんでもご相談ください

  ご来店はもちろん、お電話でもネットからでもお気軽に!

お電話でのお問合せは
059-213-6655で受け付けております。
「ホームページを見た」とお伝えください

>> お問合せフォームはこちら

カスタムの他のページ