津市 ミニ R50 クーパー 追加メーター ティーズアート         (セントラル自動車)

サブページメイン画像

ミニ R50 クーパー 追加メーター

 クラッシックスタイルなゲージ。 blog

よく取付けする追加メーターの代表といえば、、
やはりデフィのリンク式など最新モデルが多い。

しかし今回は旧ミニの雰囲気を というか、
イギリス旧車定番のSMITHのメーターを使用。

そして水温計はPIVOTの雰囲気が近いモデル。

 R50ミニのNAエンジンに追加水温センサー。

ピボットの水温計は追加センサーで実際の冷却水温を測定。なのでセンサーを取付けます。

しかしR53クーパーSのスーパーチャージャーエンジンと違い
このNAエンジンは冷却水アッパーホースがインマニの下を通っており、センサー取付けは少し大変。

各部のクリアランス、配線の取りまわし、後々のメンテ性なども考えながら位置決めをし組み込んでいく。

 見た目のバランスを大切に

今回取付けるメーターは径こそ同じものの、設計は現代と数十年前という差があり
ケースの奥行き、裏面の見た目は大きく異なる。

今回はダッシュパネルに穴をあけて埋め込む、ような取付けではなく
浮いた状態での設置となるので、全体が見える状態。

なのでスミスの電圧計は奥行きをできるだけ減らすように加工し、
現代の樹脂カバーをできるだけ切り詰めて装着。

 正確性だけでなく、雰囲気も重要な追加メーター。

今となっては、OBDカプラーに接続するだけでカンタンに追加情報を得られるメーターや、
大画面の液晶モニターに各情報を表示させることも可能。

しかしクルマを楽しむには最新の技術だけがベストとは限らず、
こういったクラッシックアナログメーターで雰囲気を出すのもとてもおもしろい。

輸入車のことならなんでもご相談ください

  ご来店はもちろん、お電話でもネットからでもお気軽に!

お電話でのお問合せは
059-213-6655で受け付けております。
「ホームページを見た」とお伝えください

>> お問合せフォームはこちら

カスタムの他のページ