津市 ミニ R50 クーパー エンジンオイル漏れ 三重県 津市 ティーズアート         (セントラル自動車)

サブページメイン画像

ミニ R50 クーパー エンジンオイル漏れ 修理

 各部からエンジンオイル漏れ

とてもきれいに大事に乗られているR50さん。
エンジンルームもキレイ。

しかし、やはり各部からオイル漏れが起こっています
さすがに初代ニューミニ、経年劣化はさけられません
今後も乗り続けるなら、どこかのタイミングで
積極的に整備していくのがおすすめ。

 まずヘッドカバー

ヘッドカバーは樹脂製。ゴムのパッキンでシールされており、
そのゴムパッキンが硬化・収縮してオイル漏れが発生します。

ヘッドカバー自体は樹脂製だけどシンプルな構造で丈夫。

ちなみにヘッドカバー内部はきれい。
しっかりオイル管理され、良い状態をキープしていそうなのが分かる

 タイミングケースカバーと、クランクセンサー

最近はこのカバーから漏れてきている車両も多いです。

またクランクプーリーのゴムも劣化してきている場合があるので注意が必要。
痛みが見られる場合は同時に交換がおすすめ、また社外軽量タイプのチョイスも良いですね。

そしてエンジン、吸気側側面での漏れはといえばコレ、。
クランクポジションセンサーのOリング
このクランクセンサーがささる穴は、シリンダーブロックとロアークランクケースとの境目。
Oリングがへたってくると必ず漏れるようです

 オイルポンプ内蔵フロントカバー。

このR50系ミニに搭載される、クライスラー系エンジンではこのフロントカバーが独特の設計。

単なるフタではなく、、カバー自体にオイルの入り口と出口があり、
クランクシャフトでオイルポンプを回しています。

つまりこのオイル通路の丸いガスケット(左の写真でエンジン側に残ってる)は、油圧に関わっている。

 メインエンジンマウント。 こちらも派手に黒い汁が。。

R50系ミニでは、エンジン右側のメインエンジンマウントの劣化液漏れも昔からよくある。

今回のクルマは見た目結構新しそうなエンジンマウントでしたが、派手に液漏れしていました

この液体封入式のエンジンマウントは、イメージ的にはサスのダンパーと同じような感じ。
オイルが抜けていては本来の減衰性能を発揮できません

輸入車のことならなんでもご相談ください

  ご来店はもちろん、お電話でもネットからでもお気軽に!

お電話でのお問合せは
059-213-6655で受け付けております。
「ホームページを見た」とお伝えください

>> お問合せフォームはこちら

修理・車検の他のページ