津市 ベンツ W211 E320 冷却水漏れ 修理 三重県 津市 ティーズアート         (セントラル自動車)

サブページメイン画像

ベンツ W211 E320 冷却水漏れ 修理

 エンジン冷却水が減り、警告が点灯

警告が点灯し、ヒーターが効かなくなったW211さん。

一般的な乗用車の暖房は、エンジン冷却水の
熱を利用しているので、、冷却水が漏れて
循環しなくなってしまうと、エンジンはオーバーヒート
室内では暖房が効かなくなる。

 点検を始めると、、すぐに漏れ場所が分かった

車両をリフトアップしてアンダーカバーを外すと、
ラジエター左側付近の上の方から冷却水漏れが確認できた。

正常な状態の冷却水が入っていたので、
このように漏れた部分には白い漏れ跡がクッキリと。

しかし冷却水が長い間まったく交換されていなかったり
少しずつでも水道水での補充を繰り返していた車両の場合、
漏れた跡 は残りにくくなり、発見に時間がかかることも。

 ラジエター本体、樹脂製サイドタンクの割れ。

上から確認すると、漏れ場所はラジエターアッパーホース付近。

アルミコアと樹脂タンクとのカシメ部からの漏れか、それとも樹脂タンクの割れか。
漏れ部分をきれいにしてみると 樹脂ぶぶんに大きなクラックが見つかりました

この時代の W220 Sクラス や W215 CL あたりでも同じように
クラックが入って漏れた例があるので

素材が樹脂であることによる経年劣化・熱による劣化と、
エンジン振動によるアッパーホースからの揺れの伝わりで
この時代のメルセデスはラジエターのココが割れやすいのだと思う。

輸入車のことならなんでもご相談ください

  ご来店はもちろん、お電話でもネットからでもお気軽に!

お電話でのお問合せは
059-213-6655で受け付けております。
「ホームページを見た」とお伝えください

>> お問合せフォームはこちら

修理・車検の他のページ