津市 ミニ R53 クーパーS 冷却水漏れ 修理 三重県 津市 ティーズアート         (セントラル自動車)

サブページメイン画像

ミニ R53 クーパーS 冷却水漏れ 修理

 これからは修理だけでなく対策も同時に blog

20年が経過してきている、R53ミニ。
今でもいじって走って遊べる人気車種。
大事に乗り続けられている方も多いです

壊れたら修理する、は最低限の当然のこと。
10年or10万キロを超えてきたら
予防整備がとても重要になってくる。

 R53系ミニの冷却水ジョイントパイプはそろそろ寿命。。

今回のメイン作業は、冷却水サーモスタット付近からの水漏れ。

そして同時にこの樹脂製ジョイントパイプ3点、
十字パイプ・T字パイプ・エア抜きパイプ を経年劣化対策のため交換。

この各ジョイントパイプ、素材が樹脂なので劣化してきます。

劣化した樹脂素材はもろくなり、、
またエンジンと室内側の間をつなぐ部分にあるので
振動をくらい、最終的に割れる。

そしてちょっと交換しにくい場所なので、
サーモスタットと同時作業がベストなのです。

 交換のため各部品を外していく

冷却水サーモスタットはヘッドの後端、ミッション合わせ目の上。

そして問題のジョイントパイプはそこから室内へと入るヒーターホースの部分に3つ。

単純なヒーターラインではなく、水冷式オイルクーラーへと冷却水を振り分けるため
このようなジョイントが使われている。

ちなみにNAエンジンのR50ミニでは水冷式オイルクーラーが無いため
T字や十字ではなく、ストレートのジョイントが使われている。

 簡単にちぎれたエア抜きT字ジョイント。

各ジョイントパイプ交換のためホース類を外していくと、、

軽い力でポロっとちぎれたエア抜きジョイント。

用意しておいてよかった、まさに交換時期だったようです

輸入車のことならなんでもご相談ください

  ご来店はもちろん、お電話でもネットからでもお気軽に!

お電話でのお問合せは
059-213-6655で受け付けております。
「ホームページを見た」とお伝えください

>> お問合せフォームはこちら

修理・車検の他のページ