津市 ポルシェ 997 マフラー異音 修理 三重県 津市 ティーズアート         (セントラル自動車)

サブページメイン画像

ポルシェ 997 マフラー異音 修理

 なんだかガタガタ音がする。 blog

フルノーマルで乗られている
ポルシェ997カレラさん

結構距離も伸びてきているので
いろんなところに痛みが出てきます。

 エンジンをかけるとリアからガタガタと異音が

異音の原因は右側触媒の内部破損。

たたいてみると、キャタの中でセルが動く音がする。
以前ベンツでよくあったキャタ破損な感じです

しかし排気系を見ていると、、なんと数か所にパイプのひび割れを発見。
割れが始まっていても、開いてきにくい場所のため排気漏れはあまりなかった様子。

リアエンジンでオーバーハングの隙間に詰め込まれた排気系のため、
振動を逃がす余裕はあまりないんだと思う。

しかしこのテールパイプ部のクラックは、、大きくて重いマフラーカッターが原因だろう。

 破損した触媒は中古部品を使用して交換

内部破損の触媒は本体交換になるのですが、、新品部品はとても高価。
これはポルシェに限ったことでなく、高いイメージ。

今回は運よく中古良品が見つかったので中古品を使用します。

リアエンジンの911シリーズならでは、狭いスペースでできるだけ排気管長を稼ぐために
左右バンクから出たそれぞれの排気管はクロスして左右マフラータイコへとつながっています

 破損キャタの入り口にも、大きなクラックが。

こちらは内部破損で取り外したキャタライザー。
この入り口側パイプ、溶接のキワにおおきく割れがありました

狭い空間での取りまわしで振動&熱膨張の逃げが少ないことが割れの原因のひとつだと思う。

 マフラータイコ側の割れは、溶接修理で対応

左右タイコのテールパイプ部分は溶接にて修理。

こちらはやはりマフラーカッターの影響で振動的に力が集中する、この溶接キワが割れてきた感じ。

 パイプ部分だけでなく、補強ステー溶接部にもクラックが

左右テールパイプ部分の他は大丈夫か 念のため点検していると、、
裏側補強ステーの溶接部付近にも割れを発見。

振動するパイプエンドにあるマフラーカッターが重いための影響。
そんなマフラーカッターだけでも、軽量なものに交換する価値ありそう。

輸入車のことならなんでもご相談ください

  ご来店はもちろん、お電話でもネットからでもお気軽に!

お電話でのお問合せは
059-213-6655で受け付けております。
「ホームページを見た」とお伝えください

>> お問合せフォームはこちら

修理・車検の他のページ